注文住宅は、どこがいいのでしょうか。メリット・デメリットをくわしく解説します。

世界にひとつだけの家。

住宅を購入する場合には、さまざまな選択をすることができます。新築にするか中古にするかで大きく異なります。建売や注文による住宅の違いもあります。住宅は住む人の生活スタイルや家族構成によって、適した仕様に設定することで、住みやすい環境となります。生活スタイルに合わせて各種条件や希望事項を盛り込み、快適な住宅を手に入れるためには、注文住宅がもっとも適しています。建売に比べて価格は割高になりますが、ある程度自由に希望する条件を反映させることができるので、理想のオリジナルの住宅を手に入れることができます。どのような家にするかによって、価格は変動するので安い家を作りたければ、ムダを省いて最小限の設備や小規模にすれば良く、逆に多くの希望事項を反映させた高級な住宅とすることもできます。自由に仕様や間取りや設備を設定できるところが、注文住宅の最大の魅力です。注意が必要なのは、面積が広かったり設備が多かったりすれば、金額が高くなっていくので、あらかじめ上限金額を設定しておき、その範囲内でさまざまな条件を反映していくことが大切です。条件にも優先順位をつけ、価格とのバランスを考慮しながら快適な住宅を設定すると良いです。


↑pagetop